エニックス

カテゴリー
ソフトハウス
ID
0305
読み
エニックス
欧文表記
ENIX
別表記
スクウェア・エニックス(現社名)

設立は1975年9月。不動産関係の会社を持っていた福島康博社長(現会長)が、1981年にオフィスコンピューターのディーラー会社を始めたのがエニックス設立のきっかけ。社名は、世界初のコンピューター「エニアック」(ENIAC)と、不死鳥「フェニックス」(phoenix)を合成したものです。

ハードよりソフトを重視するということで、1982年に最優秀プログラム賞100万円、総額300万円の「第1回ゲーム・ホビー プログラムコンテスト」を開催。商品化された入賞作は軒並みヒット作となり、一躍人気ソフトハウスになりました。このコンテストは森田和郎氏、中村光一氏、堀井雄二氏といった現在も活躍中のスターゲームデザイナー/プログラマーを輩出し、これらの人材を抱えることができたのはエニックスにとって大きな財産となったと思われます。

自社ではソフトは開発せず、専属契約を結んだコンテスト入賞者にソフトを作らせるというシステムを確立させましたが、これだけ徹底し、成功させた例はエニックス以外にないでしょう。実際、発売されたゲームは質の高いものが多く、パソコンゲーム全体のレヴェルアップに大きく貢献したのではないでしょうか。パッケージや広告には必ず作者の名前を入れ、スターデザイナー/プログラマー扱いしていたのも印象的でした。



公開日:
2007年06月21日
更新日:
2011年04月02日