三國志 [FM-7版]

読み
サンゴクシ
欧文表記
-
パッケージ表記
三國志
タイトル画面表記
三國志
別表記
-

ID140002800

雑誌ID-

発売元光栄

開発元光栄?

対応機種FM-7

価格(テープ)-

(5.25D)14,800円(×3) FUKN13048

(3.5D)14,800円(×3) FUKN13049

価格備考-

ジャンルシミュレーション

発売年月1986/?

オリジナル機種PC-8801

作者シブサワコウ

移植者?

使用音源PSG

ジョイスティック-

マウス-

必要機器-

『Oh!FM』紹介号1987年03月号

『ログイン』紹介号1986年04月号

プログラム掲載誌-

エミュレーター動作
XM7
EM7(Windows)×
EM7(TOWNS)×

「三国志演義」を元にしたシミュレーション。「信長の野望」「蒼き狼と白き牝鹿」と合わせて、“歴史三部作”と呼ばれます。今作から完全マシン語となり、完成度も大きくアップ。しかし価格も引き上げてしまい、当時破格ともいえる14,800円に。すでに「トップマネジメント」の16,800円というのがありましたが、これ以後、光栄のソフトは1万円前後が当たり前となってしまい、その意味では罪作りなソフトともいえましょう。

今作も、目的は全国統一。異なる年代から始まるシナリオが5つ用意され、好きなシナリオでプレイすることができます。前2作と大きく違うのは、「武将システム」の採用でしょう。他国から優れた武将を引き抜いたり、在野の武将を探したりして、“武将コレクション”という遊び方もできました。「信長の野望」に負けず劣らずのヒットとなりましたが、個人的には日本を舞台とした「信長」のほうが好きでした。

Random Access

パッケージ画像
タイトル画面
画面-1
画面-2
公開日:
2007年06月21日
更新日:
2017年09月17日