黄金の墓

読み
オウゴンノハカ
欧文表記
-
パッケージ表記
黄金の墓
タイトル画面表記
黄金の墓
別表記
-

ID220501000

雑誌ID-

発売元ストラットフォード コンピューターセンター

開発元?

対応機種FM-7

価格(テープ)4,800円(×1) SF-07

(5.25D)-

(3.5D)-

価格備考-

ジャンルアドヴェンチャー

発売年月1983/?

オリジナル機種PC-6001

作者井上潤、大浦由貴

移植者?

使用音源PSG

ジョイスティック-

マウス-

必要機器-

『Oh!FM』紹介号-

『ログイン』紹介号1983年09月号

プログラム掲載誌-

エミュレーター動作
XM7
EM7(Windows)?
EM7(TOWNS)?

「アドヴェンチャーゲーム・コンテスト」の最優秀賞受賞作。「ツタンカーメンの謎」として募集されていた作品がこれです。

エジプトを舞台に、クフ王の財宝を探し求めるのが目的。単語入力式ですが自由度は高くなく、どちらかというとストーリー主導型です。しかし、その独特の雰囲気は忘れ難いものがあります。

映画を意識した演出も特徴的で、スタート前にいわゆるカチンコが現れたり、画面の両脇にはフィルムを象ったフレームが常に流れています。また、FM-7では初めてと思われる瞬間画面表示をテープ版で実現していました。その分グラフィックスは粗く、色数も抑えられていましたが、逆にそれが独特の味わいを出していたと思います。

Random Access

パッケージ画像
タイトル画面
画面-1
画面-2
公開日:
2007年06月21日
更新日:
2007年06月21日