ランダム・アクセス・メモ

#02 「ウルティマ」、「アルティマ」論争

現在までシリーズが続くLode British氏の大ヒットロールプレイングゲーム「Ultima」シリーズ。この「Ultima」、カナ表記ではどのように書けばよいのか、昔から議論が戦わされてきました。私の知る限り、ほとんどの雑誌では「ウルティマ」と表記していました。しかし、「遊撃手」を初めとした一部の雑誌では「アルティマ」という表記が使われていました。これはどちらが正しいのでしょう?

「ウルティマ」という表記は、「Ultima」をそのままローマ字読みした結果だと思われます。最も影響力の大きかった『ログイン』誌上でそう表記されていたためか、こちらが一般に定着していました。一方「アルティマ」は、英語の「ultima」の発音が「ウ」ではなく「ア」に近いことからの判断でしょう。となると「アルティマ」のほうが正しそうですけど、そう簡単には済まされません。

『ログイン』には、時々読者からの投稿が掲載されていました。曰く、“「Ultima」は「アルティマ」が正しいのではないか?”という疑問です。それに対する『ログイン』の解答は、『Lode British氏と話した者によると、彼は口をすぼめて“ウ”と言った』とか、『これは普通名詞のultimaではなく固有名詞なので、作者の発音が正しい読み方となる。彼はラテン語的に「ウルティマー」と発音していた』といった、実に説得力のある(?)ものでした。

Lode British氏が本当に「ウ」に近い発音をしていたのか知る由もありませんが、英語の「ultima」を辞書で引くと『語の最後の音節』とあり、確かにゲームのタイトルとは思えないような意味となります。ではラテン語では「ウ」と発音するのかというと、ラテン語というのは時代や地域によって発音が異なるらしく(古典文献学では正式な発音があるそうですが)、なかなか判断は下せないようです。

『ログイン』では、Lode British氏と話し合った結果、『ラテン語の“Ultima”は、「ウルティマ」と読むのが普通だから』などの理由で、「ウルティマ」と表記するという見解を掲載。さらに日本版「Ultima IV」の発売元であるポニーへ、Lode British氏とOrigin社から「ウ」が正しいという進言があったということで、“「ウルティマ」が正しい”として、論争を(ムリヤリ?)決着させました。私自身は、本サイトでも行なっているように、とりあえず表記に関してはアルファベット表記にしておくのが無難だと思いますが。

なお、『ログイン』に連載された「アメリカ・ゲーム事情」の筆者、安田均氏は同連載の中で、『作者は、英語の「ultima Thule」(世界の果て、最高限度)を頭に置いていたのでは?』と推測しています。


公開日:
1999年07月23日
更新日:
2007年06月21日