FM-7ミュージアム:ハードウェア

FM-77 FM-77

FM-77

FM-7の上位ヴァージョン。ディスクドライヴを内蔵し、キーボードも分離させるなど、見た目が大きく変わりました(PC-8801mkIIの影響?)。以後FMシリーズは、このスタイルが踏襲されることになります。

ほかに漢字ROMが標準実装されたり、グラフィックスの描画速度がアップしたりしていますが、ソフト的にはFM-7との互換性は保たれています。オプションによって400ライン表示も可能でした。


型番MB25240(D1)
MB25250(D2)

コードネームJANET

価格198,000円(D1)
228,000円(D2)

発売年月日1984年5月10日

メインCPUMBL68B09(8MHz)

サブCPUMBL68B09E(2MHz)

メインRAM64KB(最大256KB)

グラフィックRAM48KB

日本語JIS第一水準

テクスト表示80×20/25、40×20/25

漢字表示40×12

グラフィックス640×200 8色 1画面
640×200 モノクロ 3画面

サウンドPSG 3音・8オクターヴ

内蔵FDD3.5インチ 320KB 1ドライヴ(D1)
3.5インチ 320KB 2ドライヴ(D2)

キーボード分離型

ROM BASICF-BASIC V3.02

添付ソフトウェアF-BASIC V3.0 L2.0
FMLogo V2.0

キャッチコピーディスクとソフトで差をつける天才パソコン

CMコピー天才は限度を超える/神童シンドローム

CMタレントタモリ

デモプログラム画面
デモプログラム画面
デモプログラム画面
公開日:
1999年07月23日
更新日:
2012年07月03日