Oh!FM-7更新しました – 2017/09/17

2017年9月17日にOh!FM-7を更新しました。
更新情報はこちらです。

■「カエルシューター」を発売済みに訂正

今回の更新でも新たなソフトの追加がいくつかありました。
まず「カエルシューター」(ハドソンソフト)ですが、これは『テクノポリス』1984年2月号の「FM-7・8ゲームソフトALL480本大点検」という記事中のリストに名前が出ているものの、発売された形跡がほかに確認できなかったので、これまで未発売作品として扱っていました。ところが、先頃ヤフオク!にソフトが出品されていたため、今回発売済みに変更したものです。
実はハドソンには、未発売→発売済みに変更したケースがほかにも何点かあり、「ガンマン」、「スクウェアーガーデン」、「ベジタブル・クラッシュ」などを発売済みに訂正しています。ハドソンは発売ソフト数が多かったためなかなか全貌がつかみきれず、また資料も揃っていないため、不明な部分がどうしても残ってしまっています。未発売作品のページでは、ほかにも「来なさい!」と「バイオテック」を未発売作としていますが、これも将来訂正することになるかもしれません。

 

■『電波科学』掲載プログラムを追加

apaslothy氏からは、『電波科学』という雑誌にFM-7用プログラムが載っているとの情報をいただき、今回リストに加えることができました。実は、改題後の『エレクトロニクスライフ』は以前チェックしていたのですが、『電波科学』のほうはなぜか未チェックのままでいました。おかげさまで、新たなFM用プログラムを取り入れることができました。

 

■『GORO』掲載プログラムを追加

ほかに雑誌関連では、『GORO』にFM用プログラムが掲載されていたのを今回発見しました。『GORO』というと、レトロPC世代ならご存知の方も多いと思いますが、パソコンとは関係ない、男性向け雑誌です。ところが、ヤフオク!に出品されていた同誌の出品情報でFM-7関連の記事が載っているらしいことを知り、チェックしてみたところ、三遊亭円丈師匠による「パソコンいじくりまわし道場/三遊亭円丈 VS 富士通 FM-7の巻」という連載記事がありました。
この連載は、円丈師匠がFM-7をターゲットにしてパソコンの使い方をレクチャーするというもので、8回に渡って掲載されたようです。そしてその中で、FM-7用プログラムの掲載されている回が2回あったのです。いずれも簡易なショートプログラムなのですが、1983年12号掲載の「コンピューティング三題噺」は、落語家ならではのプログラムといえます。

円丈師匠のパソコン関連の連載というと、『ポプコム』の「円丈のジョーダンソフト」と「円丈のドラゴンスレイヤー」がよく知られているところですが、そのほかに『Oh!FM』でも「円丈の言いたい放題」という連載がありました。ご自身と『Oh!FM』の関わりや、FM-7を使った落語の話題などを綴ったエッセイでしたが、1985年6月号~7月号の2回だけで突然終了してしまいました。どんな事情があったのかはわかりませんが、もう少し読みたかったですね。
なお、「円丈のジョーダンソフト」が1985年9月号スタート、「円丈のドラゴンスレイヤー」が1986年10月号スタートなので、この『GORO』の連載はこれらに先駆けるものとなるわけです。ただ、ほかの連載と比べると文体がかなり異なるので、実際に師匠自身が原稿を執筆していたかは怪しい気もしますが……(プログラムはご自身の作だと思われます)。

 

■「FUJITSU MICRO8 ソフトウェア」を追加

また、雑誌として扱っている「FMシリーズ アプリケーションカタログ」に1982年1月発行の『FUJITSU MICRO8 ソフトウェア』を追加しました。これまでは1982年6月発行の『FUJITSU MICRO8 ソフトウェア集 Vol.1』が富士通発行のアプリケーションカタログの最も古いものだと思っていました。「Vol.1」という表記がありますし、これ以前のカタログの情報はまったく見かけなかったからです。
ところが、それより古い1982年1月版のカタログがヤフオク!に出品されていたのです。こんなものがあったのかと驚きましたが、無事落札し、入手することができました。中身は、後年のものとは異なり、ワードプロセッサーで作成したと思われる簡素なもので、いかにも初期のカタログだと思わせます。未知のソフトも見当たりませんでしたが、貴重なカタログであるとはいえるでしょう。
FM-8の発売時期を考えると、おそらくこれが最古のカタログだと思うのですが、もしかしたらこれより古いものが出てくるかもしれませんね。

 

■パッケージ画像

これきよ氏、古人氏のお二方からは、パッケージ画像をそれぞれ何点かご提供いただきました。中でも、CSKソフトウェアプロダクツのものが合わせて7点含まれているのが嬉しいですね。それでも、まだCSK全体の20%強しか埋められていません。まだまだ先は長そうです。

 

■グッズ画像

ほかには、FMシリーズ関連のグッズ画像を4点追加しています。いずれもヤフオク!で入手したのですが、なんと未開封品でした(撮影のために今回開けてしまいました(^^;)。どこかでデッドストックとなっていたのだと思われますが……。
このうち、缶バッジは同じものを当時持っていたのですが、いつの間にか行方不明になってしまっており、今回再入手できたのもよかったです。

 

今回の更新も様々な方にご協力いただきました。
ありがとうございました。

Oh!FM-7更新しました – 2017/04/09

2017年4月9日にOh!FM-7を更新しました。
更新情報はこちらです。

昨年5月以来、約11か月間も手つかずの状態でしたが、ようやく更新することができました。
画像や情報を送っていただいた方には長期間お待たせしてしまい、申し訳ありませんでした。

今回の更新で、鈴木技研の「DISK FM & PC」シリーズのタイトルを修正しました。
このシリーズは3作出ていたようですが、これまではそれぞれ「Vol.1」、「Vol.2」、「Vol.3」と号数をつけて掲載していました。
ところが、本シリーズのうちの2作が最近オークションに出品されたのですが、そのパッケージ画像を見ると、「Vol.X」という号数を表わす表記はどこにもありません。書かれていたのは数字ではなく、「冬の号」、「春の号」という季節名でした。
スクリーンショットでも「春の号」となっていますので、「Vol.X」表記はやめて、パッケージどおりの季節名表記とすることにしました。
ただ、出品されていたのは1作目の「冬の号」と2作目の「春の号」だけで、3作目の表記がどうなっているのかは不明です。本シリーズは季刊ペースで発売されていたようなので、本来なら3作目は「夏の号」となるはずですが、「PC88ゲームライブラリ」では1985年12月発売となっており、予定どおり発売されたかは定かではありません。そこで3作目は暫定的に「Vol.3」としておきました。なにか情報をお持ちの方は、お知らせいただければと思います。

また、SYSTEM HOUSE OH!の「オレンジシリーズ」ですが、同社の雑誌広告によると、1作目が「オレンジストーリー」、2作目が「セクシーオレンジ」となっているとの情報をいただきました。
ただ、これも以前オークションで「セクシーオレンジ」が出品された際のパッケージ画像によると、「Vol.1」の表記が確認できます(「オレンジストーリー」のパッケージは未確認)。
パッケージと広告で順番が逆になっているというわけですが、現物を優先するということで、「セクシーオレンジ」を1作目としました。これも、なにか情報をいただければありがたいです。

ほかには、工学社から出ていた「6809マシン語ブック」にゲームのプログラムが掲載されているとの情報をいただきました。この本自体が未チェックでしたので、ありがたい情報でした。
ところが、そのプログラムにはタイトルがつけられていないらしいのです。誌面にはただ「ゲーム」とあるだけで、プログラムの解説ページにも、ソースリストの中にも記載がないということでした。プログラムを実行してみると画面上に表示されるという可能性もありますが、ソースリストを見る限り、そういった処理はされていないようです。
そのため、本サイトではやむなく「無題」として掲載することにしました。すっきりしないのですが、仕方ありません。

実はタイトルなしのプログラムはまれにあり、これまでこのほかに3作確認しています。
http://fm-7.com/museum/magazine/pasocom_jitsuyouguide/550600101.html
http://fm-7.com/museum/magazine/6nen_no_kagaku/980635401.html
http://fm-7.com/museum/magazine/6nen_no_kagaku/980635801.html

これ以外にも、たとえば「Oh!FM」7号に掲載された「ALIEN BREAK DOWN」は、誌面、画面ともにタイトルの記載がなかったのですが、ソースリストの中に書かれていたため無題になるのを免れました。

このように、雑誌に掲載されたプログラムは無題のものも見られるのですが、さすがに市販ソフトでタイトルなしはないでしょうね。

帰ってきました

先日、無事に帰ってきました。
ただ3か月家を離れていたので、一段落するまでにもう少しかかりそうです。
メールや掲示板への返信は、順次行なっていく予定です。今しばらくお待ちください。

謹賀新年2017

新年あけましておめでとうございます。
本年もOh!FM-7をよろしくお願いいたします。

掲示板のほうには書きましたが、改めてこちらでお知らせします。
現在、家を離れて生活しており、PCも使えない状況です。
そのため、サイト更新はもちろん、メールや掲示板への返答もままなりません。
ですので、こちらへの連絡はいったん停止していただければと思います。
3月より復帰予定ですので、それ以降、またよろしくお願いいたします。

Oh!FM-7更新しました – 2016/05/07

2016年5月7日にOh!FM-7を更新しました。
更新情報はこちらです。

今回も様々な画像、情報をご提供いただきました。
JOJOCHA JOJO様から送っていただいたパッケージ画像の「CGA」、「CGBG」は、かなりレアなソフトだと思います。『Oh!FM』に広告が掲載されたことがありましたので、まったく知られていないわけではないと思いますが、ゲームではないグラフィックス関係のソフトということもあり、知名度はかなり低いと推察されます。
ソフト自体も、失礼ながら多数売れたとは思われませんので、現存するのはわずかでしょう。その中で今回送っていただけた画像は、とても貴重なものといえます。まあこのパッケージは、動作画面をそのまま使ったという手抜き感のあるものですが……(^^;(この画面は広告でも使われていました)。

20160507-01

ほかに、これまで多大な貢献をしていただいているapaslothy様、H2SO4様の両氏から、今回も画像などを送っていただきました。
技術評論社発行の『パソコン・ワープロのキー入力を10倍速くする法』に別売のディスクが存在していたのは新たな発見でした。

皆様、今回もご協力ありがとうございました。

「まじゃべんちゃー・ねぎ麻雀」カレンダー2016年版をいただきました

江南直緒様より「まじゃべんちゃー・ねぎ麻雀」の2016年版カレンダーを送っていただきました。

20160107-01

2年前にも2014年版をいただいていて、こちらでご紹介したのですが、
http://fm-7.com/blog/archives/114
また今回も送っていただきました!

20160107-02

20160107-03

2014年版と比べると紙質がよくなっていて(光沢紙でしょうか)、とても鮮やかに見えますね。
素敵なカレンダーをありがとうございました!

Oh!FM-7更新しました – 2015/12/23

2015年12月23日にOh!FM-7を更新しました。
更新情報はこちらです。

久しぶりの更新となりましたが、なんとか年内に間に合いました。

今回は九十九電機の「なんでもかんでもゲーム10本パック」を新規追加しました。
例によってヤフオクに出品されていたのを見て存在を知ることとなったのですが、これは同社の既作品のうちの10作をパックにしたというソフトのようです。

これまで、「なんでもかんでもゲームパック」は掲載していましたが、それはソフト12本をディスクに収録したもの。ですがこちらはテープ版で、そのままテープ10本組(!)となっているようです。
FM-7のソフトでは「四次元少女リディア」のテープ4本組みが最も多いものだと思っていましたが、それを遙かに上回ることになります。

ただヤフオクでの画像を見る限り、テープそれぞれはケースに収められているものの、全体をまとめるパッケージはないようです。単に欠落しているのか、元から存在しないのかは不明です。価格も含めて、どのような体裁のソフトだったのかはまったくわかりません。マニュアルは付属しているようなので、商品として販売されていたのだとは思われますが……。

ひとつ考えられるのは、このパックは、九十九電機でFM-7シリーズを購入した人へのサービス品だったのでは?ということ。当時の広告を見ると、ディスク版の「なんでもかんでもゲームパック」はそういった用途にも使われていたようなので、こちらも……というわけです(ただしチェックした限り、このテープ版パックは広告には記載されていませんでした)。
また、私は1983年に九十九電機でFM-7を購入したのですが、やはりサービス品として同社のソフトが5本付いてきました。ですので、それが拡大してこのようなセットになったのだと思われます。だとしたら、もしかしたら非売品だったのかもしれません。

当時のソフトの世界は、まだまだ謎が多いですね……。

Oh!FM-7更新しました – 2015/07/14

2015年7月14日にOh!FM-7を更新しました。
更新情報はこちらです。

今回は「アークスロード」(ウインキーソフト)の FM77AV版を新たに追加しました。これまではFM-7版しか掲載していなかったのですが、msm5232様からAV専用版が出ていたと教えていただき、雑誌の広告を確認したところ、確かに記載がありました。今まで完全に見落としていました(^^;

また、「スターウォーズ」 (アドコム電子)のスクリーンショットも送っていただきました。1982年発売というかなり初期のソフトなので、とても貴重なものといえますね。
タイトルどおりに映画「スターウォーズ」を元にしたゲームで、タイトルロゴもオリジナルっぽく描かれています。このタイトル画面で英語のギャグメッセージが表示されるのですが、ミュージアムのほうでは掲載できなかったので、こちらでご紹介します。
スターウォーズ (アドコム電子)

MSX研究所長様からは、スタークラフトのパッケージ画像を2点送っていただきました。
この大判パッケージは、やはり存在感がありますね。
スタークラフトのパッケージ画像はカタログからの取り込みである程度埋めていますが、少しずつですが現物のFM版の画像に差し替えられています。

そしてパッケージ画像とともに、「ザ・クエスト」に添付されていたという用紙の画像も送っていただきました。
ゲームをクリアーするとTシャツがもらえるというコンテストについてのものですが(そんなコンテストをやっていたんですね)、受付期間が「6月15日~8月15日」とあるので、この記述により本作の発売日は(1984年)6月15日であると判断できるわけです。
これまでは、一応6月発売と記載していたものの、確証がなかったので「?」を付加していたのですが、これで確定させることができました。

ザ・クエスト (スタークラフト)添付用紙

ほかに、いつも打ち込みプログラムのスクリーンショットを送っていただいているH2SO4様からも、ベーマガ掲載作の画像をいただきました。
皆様、今回も貴重な画像、資料をありがとうございました。