コンプティーク

カテゴリー
雑誌
ID
1900
読み
コンプティーク
欧文表記
COMPTIQ
備考
-

出版社角川書店

判型B5判→AB判

文字組み横(左開き)

刊行頻度隔月刊→月刊

発売日8日

創刊年月1983年11月

休刊年月刊行中

コンプティークが角川書店と提携して発刊した雑誌。『Beep』と同様、パソコンゲーム誌でありながらコンシューマーやアーケードもよく取り上げていました。ゲームの攻略はなかなかしっかりしていて、たとえば山下章氏の「迷宮界への招待状 アドベンチャーゲーム」は同氏の『マイコンBASIC Magazine』での連載とは違い、“アドヴェンチャーゲーム百科事典”のような内容で読み応えがありました。

やはり『Beep』のようにコンシューマーの比率が大きくなってゆきましたが、それに加えてこちらはアダルトゲームの記事も増えてゆきました。特に袋とじ企画は人気があったようです。

一時期、完全にコンシューマー雑誌のようになっていましたが、『マル勝ファミコン』が同社から創刊されたこともあってか再びパソコン雑誌に戻り、現在も発行され続けています。


1983年

  1. VOL.1






公開日:
2007年06月21日
更新日:
2007年06月21日