FM-7ミュージアム:ソフトウェア

はじめに

この「FM-7ミュージアム:ソフトウェア」は、FM-7シリーズ用に発表されたソフトウェアを把握できる限りまとめたものです。

対象となるソフトウェアは、富士通の8ビットパーソナルコンピューター、FM-8、FM-7シリーズ、FM-77シリーズ、FM77AVシリーズの各機種用に発表された、ゲームソフト、グラフィックスソフト、ミュージックソフト、一部の実用ソフトです(FM-11シリーズ、FM-Xは除きます。またCG、音楽演奏プログラム、ユーティリティー、言語、ビジネスソフト、学習ソフトなどは含まれません)。

掲載ソフトウェアは、以下のものが該当します。

  • パソコンショップ、通信販売などで販売されたもの
  • 通信回線を使用した専用の販売機で販売されたもの(TAKERU、Elekidなど)
  • 雑誌・書籍にプログラムリストが掲載されたもの

以下のものは含みません。

  • いわゆる同人ソフト
  • パソコン通信やインターネットのみで配布されたソフト

ただし、本ミュージアムに掲載したソフトがすべて実際に発売されたものとは限りません。雑誌の広告や記事に載りながら、実際は発売されたなかったソフトは少なくありません。現物を確認するのが最も確実なわけですが、すべてのソフトについてそれを行なうのは現在ではほぼ不可能ですので、実際は発売されなかった可能性のあるソフトも含まれているという点を、あらかじめ御了承下さい。特に発売が怪しいソフトについては、「発売未確認」の注記を入れてあります。

また、発売中止がはっきりしているソフトについては、資料性を高めるために、“幻のソフト”としてその一部を収録しています。

雑誌に掲載されたプログラムはFM-7シリーズに対応したものを対象としていますが、汎用的なBASICプログラムでもFM-7シリーズを対応機種として明記していればリストに加えています。

書籍に掲載されたプログラムについては、現時点では一部の書籍の分を掲載するに留まっています。

ソフトウェアの検索

ソフトウェアは、以下の3つの方法で検索できます。上部メニューから選択してください。

タイトル別
タイトルの頭文字で検索します。カナ50音、数字、アルファベットからたどれます。
ソフトハウス別
ソフトハウス名(発売元)の頭文字で検索します。
詳細検索
CGIフォームから様々な条件を指定して検索できます。

凡例

サンプル画面 サンプル画面

各ソフトウェアの紹介画面の説明です。

  1. ソフトウェアタイトル
  2. ソフトウェアのタイトル。アルファベットは半角、カタカナは全角、ローマ数字は半角英字で表記しています。

    シリーズ名、サブタイトルなどもできる限り含めるようにしました。

    [ ]で囲んだ中の表記は対応機種の別など、同一ソフトのヴァージョン違いを示すために付加したもので、本来のタイトルに含まれるものではありません。

  3. 各種タイトル
  4. ソフトウェアによってはタイトル表記は1つではなく、様々な表記が行なわれています。それらをまとめてあります。

    読み
    タイトルをカナ読みしたものです。
    欧文表記
    パッケージや画面に欧文表記がなされている場合、それを記しています。
    パッケージ表記
    パッケージ上に記されたタイトルです。
    タイトル画面表記
    タイトル画面上に記されたタイトルです。タイトル画面がない場合でも、画面上に記されていればそれを採用しています。
    別表記
    さらに異なるタイトル表記が確認できる場合に記しています。
  5. 各種データ
  6. ソフトウェアの詳細なデータです。

    ID
    管理用のコードです。管理人以外には特に意味のないものだと思われます。
    雑誌ID
    雑誌・書籍掲載作の管理用コードです。
    発売元
    そのソフトの発売元、販売元です。必ずしも開発したところとは限りません。
    開発元
    そのソフトの開発元です。判明し得る限り記載しています。
    対応機種
    そのソフトが動作するFMシリーズの機種名です。原則的にFM-7のソフトはそのほとんどが FM-77シリーズ、FM77AVシリーズでも動作しますので、あえて表記はしていません。
    価格
    販売価格を対応するメディア別に示しています。発売されなかったと思われるソフトについても、予定価格が判明していれば記しています。
    価格のあとのカッコ内の数字は、メディアの本数、枚数を示しています。
    さらにそのあとに、製品コードを判明し得る限り記しています。
    T
    カセットテープ
    5D
    5.25インチミニフロッピーディスク
    3.5D
    3.5インチマイクロフロッピーディスク
    価格備考
    価格に関する付記。
    ジャンル
    ジャンルの分け方は様々な問題を含んでいるため、必ずしも内容にふさわしいものになっているとは限りません。基本的に私の独断で判断しましたが、概ね異存はないと思います。ソフトハウス側の表記に従っていないケースもありますし、プレイしたことのないソフトについては画面写真などから判断したものも少なくありません。
    複数のジャンルを含んでいるものは、該当するジャンル名を列記しています。
    アクション
    アクションゲーム(シューティングゲーム、レースゲームを含む)
    アドヴェンチャー
    アドヴェンチャーゲーム
    シミュレーション
    シミュレーションゲーム(ウォーゲーム、マネジメントゲームを含む)
    ロールプレイング
    ロールプレイングゲーム
    テーブル
    テーブルゲーム(麻雀、トランプ、花札など)
    パズル
    パズルゲーム(迷路ゲームもここに分類しています)
    スポーツ
    スポーツゲーム(アクションタイプ、シミュレーションタイプにかかわらず、スポーツものはすべてここに分類しています)
    アップライト
    アップライトゲーム(パチンコ、ピンボールなど)
    アダルト
    アダルトゲーム(内容的にはアダルトでも、ハッキリとしたジャンル分けが可能な場合は列記しています)
    クイズ
    クイズゲーム
    グラフィックス
    グラフィックストゥール
    音楽
    音楽ソフト
    プラクティカル
    実用ソフト(占い、競馬予想など)
    コンストラクション
    コンストラクション
    オムニバス
    オムニバス(複数のソフトがパックされたもの)
    その他
    その他(上記のいずれにも当てはまらないもの)
    発売年月
    ソフトが発売された年月。年号は西暦。移植版の場合、FM版の発売年に基づいています。
    発売年月についても不明確なケースが多く、推定に拠っているソフトも多々あります。
    未発売のソフトについては、「未発売」と記しています。
    オリジナル機種
    原則として、そのソフトが最初に発売された機種名。カッコ内は発売元を示します。
    作者
    ソフトの制作者名。敬称は省略させていただきました。
    作者名が明確でないソフトが多く、空欄のままになっているソフトが多数あります。
    分業制などでスタッフが多数存在する場合は、プロデューサー、ディレクター的人物、代表的人物の名前を挙げています。スタッフの詳細が判明している場合、スタッフリストを別ページにまとめ、リンクを張っています。
    移植者
    他機種やアーケードからの移植の場合の、FM版制作者の名前。敬称は省略させていただきました。
    使用音源
    使用されている音源名。複数の音源が使われていても、FM音源>PSG>BEEPの順で1つに絞っています。
    ジョイスティック
    ジョイスティック対応の可否。特に明記がなければ、汎用I/Oポートに接続するATARI規格のものを示します。
    マウス
    マウス対応の可否。特に明記がなければ、汎用I/Oポートに接続するインテリジェントマウス(または同等品)を示します。
    必要機器
    そのソフトを動作させるために必要な周辺機器。対応機器ではなく、あくまでも必需機器です。なおディスク版の場合のフロッピーディスクドライヴは特に明記していません。
    『Oh!FM』紹介号
    『Oh!FM』で紹介されている場合、その号数。原則として「GAME & HOBBY SOFT REVIEW」、または「ゲーム&ホビー情報局」で取り上げられた号としています。
    『ログイン』紹介号
    『ログイン』で紹介されている場合、その号数。原則として「SOFTWARE REVIEW」、または「NewSoft」で取り上げられた号としています。
    プログラム掲載誌
    そのソフトのプログラムリストが雑誌、書籍などに掲載されたことがある場合の誌名、書名。他機種版のデータを記載しているケースもあります。雑誌の場合は号数も併記しています。
    エミュレーター動作
    FM-7エミュレーター「XM7」、「EM-7」での動作結果です。「EM-7」はWin32版、FM TOWNS版に分けてあります(「XM7」は全プラットフォーム共通)。
    すべてのソフトを最後まで完全に確認したわけではないので、正常動作のものでも途中で不具合が出る可能性があります。
    動作確認はテープからディスクにコンヴァートして行なったものも含まれていますが、その旨は特に別記していません。そのため、テープ版、ディスク版で動作結果が異なる場合も考えられます。
    正常動作
    途中まで動作、または不具合あり
    ×
    起動せず
    ?
    未確認
    -
    未対応
  7. 解説、エピソードなど
  8. ソフトの内容紹介など。そのソフトにまつわるエピソードなどにも言及しています。個人的な感想や思い出が数多く含まれていますが、ご了承下さい。

    プレイしたことのないソフトも多いのですが、その場合もなるべく空欄にせず、雑誌の記事や広告などから引用して解説を付けるようにしました。『』で括った部分が引用を表します。

  9. 関連ソフトウェア/パック収録
  10. 「関連ソフトウェア」は、そのソフトと何らかの関連があるソフトへのリンク。主として正編、続編、異機種版などを挙げています。

    「パック収録」は、そのソフトがパック収録作の場合の、表題作解説ページへのリンクです。

  11. 関連リンク
  12. 他のコンテンツにそのソフトに関連したものがある場合のリンク。主として裏ワザ、スタッフリストなどを挙げています。

  13. 画像
  14. 画面右側の画像は上から、パッケージ画像、タイトル画面、動作画面1、動作画面2となっています。特に断わりのない限り、FM-7シリーズ版の画像を使用しています。

    ソフトによってはタイトル画面がなかったり、動作画面が1つのみというケースもあります。

    画像を雑誌などから取り込んだソフトもあります。その場合は、下部にその旨を記しています。

    画像の著作権は各発売元、開発元、作者に帰属します。無断転用を禁じます。

  15. RANDOM ACCESS ボタン
  16. ボタンを押すと、ミュージアム内のソフトをランダムに選んで表示します。気ままに様々なソフトを閲覧したいときなどにご利用下さい。


公開日:
2007年06月21日
更新日:
2015年12月23日