ロードランナー

読み
ロードランナー
欧文表記
LODE RUNNER
パッケージ表記
Lode Runner
タイトル画面表記
Lode Runner
別表記
-

ID001001500

雑誌ID-

発売元ソフトプロ

開発元?

対応機種FM-7

価格(テープ)4,800円(×2) SHG011

(5.25D)5,800円(×1) 

(3.5D)5,800円(×1) SHG011

価格備考-

ジャンルアクション+コンストラクション

発売年月1984/11

オリジナル機種apple II(Brøderbund Software)

作者Doug Smith

移植者?

使用音源PSG

ジョイスティック-

マウス-

必要機器-

『Oh!FM』紹介号1984年12月号

『ログイン』紹介号1984年10月号

プログラム掲載誌-

エミュレーター動作
XM7
EM7(Windows)
EM7(TOWNS)

元はSmith氏がワシントン大学のコンピューターセンターのコンサルタントをしている間に、暇な時間を見つけて作ったそうです。その後VAX11-780に移植し、apple II版はSmith氏の甥にせがまれて制作。当初のタイトルは「Miner」で、光線銃ではなく、つるはしでブロックを掘るという形でした。Broderbundに送るもボツとなり、改良版を再び送って採用されたということです。

FM版はapple II版と比べてブロック数が横2つ分、縦1つ分少なくなっており、それに付随して敵のアルゴリズムも変更されていると思われます。またソフトプロのオリジナル面もいくつか入っており、完全移植とはいえません。キャラクターやフォントのディザインもオリジナルに近付けてほしかったですね。

しかし、このゲームはとにかく面白かったです。シンプルで奥の深いゲームディザイン、150ものステージ数、さらにコンストラクションも用意されており、ほとんど文句のつけようがありません。ただ、あの“落とし穴”は余計な要素だったと思います。FM版ということで、操作性が若干よくないのも悔やまれる点です。

このゲームが与えた影響は大きく、ファミコンはもちろん、アーケードにまで“逆移植”されるほどでした。また、100以上のステージ数、アクション+パズル、コンストラクションなど、このゲームの影響と思われる要素を持ったゲームが続出し、「スタコラCRASH」、「ファンキーモンキー」(PC-8801版のみ)といったソックリゲームも登場しました。

Random Access

パッケージ画像
タイトル画面
画面-1
画面-2
公開日:
2007年06月21日
更新日:
2014年09月07日