ウィザードリィ#1

PROVING GROUNDS OF THE MAD OVERLORD!

読み
ウィザードリィ1
欧文表記
WIZARDRY THE FIRST SCENARIO
パッケージ表記
Wizardry
タイトル画面表記
Wizardry
別表記
-

ID000702900

雑誌ID-

発売元アスキー

開発元フォアチューン

対応機種FM-7

価格(テープ)-

(5.25D)9,800円(×1) 

(3.5D)9,800円(×1) 

価格備考-

ジャンルロールプレイング

発売年月1985/11

オリジナル機種apple II(Sir-Tech Software)

作者Andrew Greenberg、Robert Woodhead

移植者?

使用音源PSG

ジョイスティック-

マウス-

必要機器-

『Oh!FM』紹介号1986年02月号

『ログイン』紹介号1986年02月号

プログラム掲載誌-

エミュレーター動作
XM7
EM7(Windows)?
EM7(TOWNS)?

「Ultima」や「Lode Runner」など、apple IIの名作が次々と国産機種に移植されていく中で、なかなか移植されなかったのがこの「Wizardry」。様々な問題があったのでしょうが(これ以前にスタークラフトが移植を行なうという話もあったらしいです)、1985年に日本版が発売されました。移植を行なったのは、Appleフリークが集まって作られたフォア・チューンというソフトハウス。移植作業は、Woodhead氏自身も協力して行なわれたようです。

「Wizardry」誕生のキッカケは、Greenberg氏がコーネル大学在学中、寮の友人に勧められ、「Dungeons&Dragons」を元にプログラミングしたのが始まり。そのゲームに目を付けたのがWoodhead氏で、すべてPASCALに書き替え、改良を重ね、発売に至ったということです。

私はそれまで、ロールプレイは何本もプレイしていましたが、このゲームをプレイしたときは、ほかのロールプレイにはない“風格”みたいなものを感じました。そして、このゲームが持っている雰囲気に惹かれました(例えばモンスターやアイテムのネーミング、ウィットに富んだメッセージなどなど)。魔法の呪文もいかにもそれらしくて、その独特の世界観の一部となっていました。

FM版の出来は概ね良好なのですが、スピードの遅さ(ディスクアクセスの多さ)だけはどうにかしてほしかったです。しかし個人的には、これを超えるロールプレイは現在まで出ていないと思っています。

なお、クリアーすると先着25名に「Wizardry」のスプーンとキーリングが送られるというキャンペーンがありました。

Random Access

パッケージ画像
タイトル画面
画面-1
画面-2
公開日:
2007年06月21日
更新日:
2011年06月26日