ドア・ドア

読み
ドアドア
欧文表記
DOOR DOOR
パッケージ表記
ドア・ドア
タイトル画面表記
DOORDOOR
別表記
-

ID030500900

雑誌ID-

発売元エニックス

開発元?

対応機種FM-7

価格(テープ)3,800円(×1) E-G019

(5.25D)-

(3.5D)5,400円(×1) 

価格備考-

ジャンルアクション

発売年月1983/?

オリジナル機種PC-8801

作者中村光一

移植者Kazuhide Takahashi

使用音源BEEP

ジョイスティック-

マウス-

必要機器-

『Oh!FM』紹介号-

『ログイン』紹介号1983年05月号

プログラム掲載誌-

エミュレーター動作
XM7
EM7(Windows)
EM7(TOWNS)

「第1回ゲーム・ホビープログラムコンテスト」入選プログラム賞受賞作。

全20面のアクションゲーム。アーケードゲームばりという出来で大ヒットしました。FM版は操作性がよくないこともあり、私はそれほど好きではありませんでしたが・・・・。BGMがBEEP音なのも残念です。

中村光一氏曰く、『ドアを思い浮かべて、ゲームにならないかなあって考えたら「ドア・ドア」ができちゃった』そうです。敵をまとめてドアに閉じ込めるというのは、「ディグダグ」の影響があったようです。

FM-7への移植は、3ヵ月でプロトタイプは完成したそうですが、スピードが遅かったのでプログラミングし直し、さらに3ヵ月かけて完成させたということです(確かにかなり待たされた覚えがあります)。

なお、主人公キャラクターの名前チュン君は、中村の“中”から取ったそうで、後にこれを社名にして現在のチュンソフトが生まれました。

Random Access

パッケージ画像
タイトル画面
画面-1
画面-2
公開日:
2007年06月21日
更新日:
2007年08月27日