暗黒城

創造神ギャリアンの復活

読み
アンコクジョウ
欧文表記
RUKTEU DARK CASTLE
パッケージ表記
暗黒城
タイトル画面表記
暗黒城
別表記
-

ID030501200

雑誌ID-

発売元エニックス

開発元ランダムハウス

対応機種FM-7

価格(テープ)3,800円(×1) E-G077

(5.25D)-

(3.5D)-

価格備考-

ジャンルアドヴェンチャー

発売年月1984/07

オリジナル機種FM-7

作者山口祐平

移植者-

使用音源PSG

ジョイスティック-

マウス-

必要機器-

『Oh!FM』紹介号1984年09月号

『ログイン』紹介号1984年10月号

プログラム掲載誌-

エミュレーター動作
XM7
EM7(Windows)
EM7(TOWNS)

全9章に分かれた壮大なストーリーのアドヴェンチャーゲーム。舞台は、異次元の世界ミネル・バトン。伝説の「ラバルの鏡」を壊して支配者になろうとする暗黒の使徒グルーを倒し、その鏡を割り、新しい世界を創造するというストーリー。作者の山口氏は、あの森田和郎氏のソフトハウス、ランダムハウスのメンバーで、このゲームのペイントルーティンのオリジナルは、森田氏がPC-8801で作ったものだそうです。

驚いたのが、広告にあった『460画面を超える大迫力!』という謳い文句。460画面というのは、それまで国産のどのアドヴェンチャーにも見られなかった数字で、期待が大きく高まりました。しかし実際は「惑星メフィウス」の砂漠地帯と同じように、似たような絵で枚数を稼ぐという方法を採っており、460画面というのはサギ紛いの数字でした。また、カーソルによる目的物指定や対話モードなども「惑星メフィウス」の影響を感じないわけにはいきません。シナリオは悪くなかっただけに、このオリジナリティーのなさが残念ではありました。

Random Access

パッケージ画像
タイトル画面
画面-1
画面-2
公開日:
2007年06月21日
更新日:
2007年06月21日