惑星メフィウス

スターアーサー伝説I

読み
ワクセイメフィウス
欧文表記
PLANET MEPHIUS
パッケージ表記
惑星メフィウス
タイトル画面表記
PLANET MEPHIUS
別表記
-

ID330100300

雑誌ID-

発売元T&Eソフト

開発元T&Eソフト

対応機種FM-7

価格(テープ)4,800円(×3) TE-17

(5.25D)6,800円(×1) TED-17

(3.5D)6,800円(×1) 

価格備考-

ジャンルアドヴェンチャー

発売年月1983/07

オリジナル機種FM-7

作者横山英二

移植者-

使用音源PSG

ジョイスティック-

マウス-

必要機器-

『Oh!FM』紹介号-

『ログイン』紹介号1983年11月号

プログラム掲載誌-

エミュレーター動作
XM7
EM7(Windows)
EM7(TOWNS)

それまで見られなかった美しいグラフィックス、ユニークな異星人のディザイン、壮大なストーリー(全3部)などで話題となり、大ヒットとなったアドヴェンチャーゲーム。テープ版は3本組みで、そのヴォリューム感も魅力的でした。

作品のヒントとなったのはアーサー王伝説で、それを宇宙に持っていき、「スターアーサー伝説」を創作したそうです。また、「スターウォーズ」からも大きく影響を受けているということです。第1弾の本作は、外宇宙からの侵略者ジャミルの攻撃から銀河系を救うため、伝説の剣レイソードを見つけ出すのが目的。

コマンド入力は頭文字入力(「キク」なら「キ」)、対象物は画面上のカーソルで直接指定、登場キャラクターとのコンタクトは対話モード(話し言葉をそのまま入力)と、アドヴェンチャーとしてはかなり特異なスタイルでした。牢屋からの脱出手段や砂漠地帯など、単調な作業の強要にうんざりという批判もありました。確かにそれはそうなのですが、不思議と当時は何とも思わず、喜んで遊んでいました。

多様な異星人のキャラクターなどはよくできており、その中にはT&Eソフトのマスコットキャラクターに“昇格”した者もいました。なんだかんだいっても、、アドヴェンチャーゲーム史を語る上では外すことのできない作品でしょう。

Random Access

パッケージ画像
タイトル画面
画面-1
画面-2
公開日:
2007年06月21日
更新日:
2014年09月07日