プラズマライン

読み
プラズマライン
欧文表記
PLAZMA LINE
パッケージ表記
PLAZMA LINE
タイトル画面表記
PLAZMA LINE
別表記
-

ID330602600

雑誌ID-

発売元テクノソフト

開発元テクノソフト

対応機種FM-7

価格(テープ)4,800円(×1) TF7-012

(5.25D)6,900円(×1) 

(3.5D)6,900円(×1) T77-003(FUTJ-13015)

価格備考-

ジャンルアクション

発売年月1984/12?

オリジナル機種PC-8801

作者吉村功成

移植者?

使用音源PSG

ジョイスティック-

マウス-

必要機器-

『Oh!FM』紹介号1985年02月号

『ログイン』紹介号1985年04月号

プログラム掲載誌-

エミュレーター動作
XM7
EM7(Windows)
EM7(TOWNS)

おそらく、FM-7で初めてポリゴン処理を行なった3Dアクションゲーム。キャラクターはモノクロでしたが、3Dモノというとワイアフレームがほとんどだった当時、その立体感は迫力がありました。

内容は、要するにレースゲームなのですが、スピードが速く、飛来してくる障害物を避けるのに一苦労でした。そのため3D画面を見るより、画面左のレーダーを見ていたほうがクリアーしやすく、せっかくのポリゴン処理を楽しめないという矛盾点もありました。

Random Access

パッケージ画像
タイトル画面
画面-1
画面-2
公開日:
2007年06月21日
更新日:
2012年07月03日