Oh!FM-7更新しました – 2017/09/17

2017年9月17日にOh!FM-7を更新しました。
更新情報はこちらです。

 

■「カエルシューター」を発売済みに訂正

今回の更新でも新たなソフトの追加がいくつかありました。
まず「カエルシューター」(ハドソンソフト)ですが、これは『テクノポリス』1984年2月号の「FM-7・8ゲームソフトALL480本大点検」という記事中のリストに名前が出ているものの、発売された形跡がほかに確認できなかったので、これまで未発売作品として扱っていました。ところが、先頃ヤフオク!にソフトが出品されていたため、今回発売済みに変更したものです。
実はハドソンには、未発売→発売済みに変更したケースがほかにも何点かあり、「ガンマン」、「スクウェアーガーデン」、「ベジタブル・クラッシュ」などを発売済みに訂正しています。ハドソンは発売ソフト数が多かったためなかなか全貌がつかみきれず、また資料も揃っていないため、不明な部分がどうしても残ってしまっています。未発売作品のページでは、ほかにも「来なさい!」と「バイオテック」を未発売作としていますが、これも将来訂正することになるかもしれません。

 

■『電波科学』掲載プログラムを追加

apaslothy氏からは、『電波科学』という雑誌にFM-7用プログラムが載っているとの情報をいただき、今回リストに加えることができました。実は、改題後の『エレクトロニクスライフ』は以前チェックしていたのですが、『電波科学』のほうはなぜか未チェックのままでいました。おかげさまで、新たなFM用プログラムを取り入れることができました。

 

■『GORO』掲載プログラムを追加

ほかに雑誌関連では、『GORO』にFM用プログラムが掲載されていたのを今回発見しました。『GORO』というと、レトロPC世代ならご存知の方も多いと思いますが、パソコンとは関係ない、男性向け雑誌です。ところが、ヤフオク!に出品されていた同誌の出品情報でFM-7関連の記事が載っているらしいことを知り、チェックしてみたところ、三遊亭円丈師匠による「パソコンいじくりまわし道場/三遊亭円丈 VS 富士通 FM-7の巻」という連載記事がありました。
この連載は、円丈師匠がFM-7をターゲットにしてパソコンの使い方をレクチャーするというもので、8回に渡って掲載されたようです。そしてその中で、FM-7用プログラムの掲載されている回が2回あったのです。いずれも簡易なショートプログラムなのですが、1983年12号掲載の「コンピューティング三題噺」は、落語家ならではのプログラムといえます。

円丈師匠のパソコン関連の連載というと、『ポプコム』の「円丈のジョーダンソフト」と「円丈のドラゴンスレイヤー」がよく知られているところですが、そのほかに『Oh!FM』でも「円丈の言いたい放題」という連載がありました。ご自身と『Oh!FM』の関わりや、FM-7を使った落語の話題などを綴ったエッセイでしたが、1985年6月号~7月号の2回だけで突然終了してしまいました。どんな事情があったのかはわかりませんが、もう少し読みたかったですね。
なお、「円丈のジョーダンソフト」が1985年9月号スタート、「円丈のドラゴンスレイヤー」が1986年10月号スタートなので、この『GORO』の連載はこれらに先駆けるものとなるわけです。ただ、ほかの連載と比べると文体がかなり異なるので、実際に師匠自身が原稿を執筆していたかは怪しい気もしますが……(プログラムはご自身の作だと思われます)。

 

■「FUJITSU MICRO8 ソフトウェア」を追加

また、雑誌として扱っている「FMシリーズ アプリケーションカタログ」に1982年1月発行の『FUJITSU MICRO8 ソフトウェア』を追加しました。これまでは1982年6月発行の『FUJITSU MICRO8 ソフトウェア集 Vol.1』が富士通発行のアプリケーションカタログの最も古いものだと思っていました。「Vol.1」という表記がありますし、これ以前のカタログの情報はまったく見かけなかったからです。
ところが、それより古い1982年1月版のカタログがヤフオク!に出品されていたのです。こんなものがあったのかと驚きましたが、無事落札し、入手することができました。中身は、後年のものとは異なり、ワードプロセッサーで作成したと思われる簡素なもので、いかにも初期のカタログだと思わせます。未知のソフトも見当たりませんでしたが、貴重なカタログであるとはいえるでしょう。
FM-8の発売時期を考えると、おそらくこれが最古のカタログだと思うのですが、もしかしたらこれより古いものが出てくるかもしれませんね。

 

■パッケージ画像

これきよ氏、古人氏のお二方からは、パッケージ画像をそれぞれ何点かご提供いただきました。中でも、CSKソフトウェアプロダクツのものが合わせて7点含まれているのが嬉しいですね。それでも、まだCSK全体の20%強しか埋められていません。まだまだ先は長そうです。

 

■グッズ画像

ほかには、FMシリーズ関連のグッズ画像を4点追加しています。いずれもヤフオク!で入手したのですが、なんと未開封品でした(撮影のために今回開けてしまいました(^^;)。どこかでデッドストックとなっていたのだと思われますが……。
このうち、缶バッジは同じものを当時持っていたのですが、いつの間にか行方不明になってしまっており、今回再入手できたのもよかったです。

 

今回の更新も様々な方にご協力いただきました。
ありがとうございました。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)