コラム,雑誌・書籍

今年(2022年)5月に発売された「PC-8801パーフェクトカタログ」(ジーウォーク刊)ですが、当サイト掲載の画像が無断で使われているようです。
PC-8801とFM-7はともに多くのソフトで640×200ドット8色のスクリーンモードが使われているので、パッと見ただけでは見分けのつかない(=たまたま同じ画面を使っている)ものもあるでしょうが、偶然の一致とは思えない画像が多数見受けられます。本をお持ちの方は、見比べてみてください。
たとえば、p.066の「神経衰弱」、p.067の「7ならべ」、p.076の「四人ポーカー」。カードの数字の位置が当サイトのものとまったく同じです(拡大しないと見にくいですが)。

神経衰弱
https://fm-7.com/museum/products/aor0izzc/

7ならべ
https://fm-7.com/museum/products/y7g1wp88/

4人ポーカー
https://fm-7.com/museum/products/unin730y/

ほかにも、p.072の「麻雀狂」、p.073の「国士無双」といった麻雀ゲームも、表示されている牌がまったく同じです。

麻雀狂
https://fm-7.com/museum/products/r5yc7as2/

国士無双
https://fm-7.com/museum/products/m5om7wt0/

これらが偶然同じになることは、ありえないと思います。

さらに、p.072の「大石油王」やp.101の「MYパコfamilyのドリームパック」(この画像はPC-8801のゲームですらない)では、プレイヤー名として使っている私の名前(Laver)が入っているのが確認できます(かなり拡大しないと見えないですが)。

大石油王
https://fm-7.com/museum/products/g93aqi9r/

MY♥パコfamilyのドリームパック
https://fm-7.com/museum/products/xjaqxl8q/

以上の点から、当サイト掲載の画像が使われているのは明らかだといえます。
ほかにも転用だと断定できるものはいくつかあり、断定はできないが怪しいものも含めれば、かなりの数に上ると思われます。

本の発売前も発売後も、監修者、編集スタッフ、出版元からの連絡は一切ありませんでした。
無断転用を禁じていることは、以前から記載しています。
https://fm-7.com/about/

こういうことをされるのは、とても残念ですね。
「あなたもソフトの作者や発売元に無断で画像を掲載しているのでしょう?」と言われれば強くは言い返せませんが、商用の書籍(正確にはムックですが )でこのような手段を採るのはどうなのでしょう。
確かに私も大半の画像は無断掲載ですが、商用目的ではありませんし、掲載画像は提供していただいたものか、私が自前で用意したものです(一部のスキャン画像は、その旨を記載しています)。他サイトから無断で転載したものはありません。

画像を提供していただいた方も不快な思いをされるかもしれませんし、「PC-8801パーフェクトカタログ」なのに掲載画像の多くが実はFM-7版であったら、読者も裏切られた気分になると思います(FM-7版の画像を使用していることは、誌面のどこにも記載されていないですね)。

今回の件に関して私のほうからああしろ、こうしろというのはありませんが、今後同様な書籍を出されるのであれば、このようなことはしないでいただきたいです(既刊の「パーフェクトカタログ」の他機種版はどうなのでしょう?)。

 

残念といえば、この本は首を傾げたくなる箇所も多数目につきますね。
せっかくなのでいくつか挙げさせていただくと……

p.049 ゾーク Ⅰ/Ⅱ/Ⅲ
これは発売されていないでしょう。ゾーク3部作をパッケージにした「Zork Trilogy」が向こうで発売されたのが1986年(もしくは1987年?)なのに、1982年に3部作のパックが、それもPC-8801版がInfocomから発売されていたのはありえないと思います。
掲載の画面が何に由来するのかはわかりませんが(某サイトかな?)、『ログイン』1984年5月号に“PC-8001の56K CP/M上で走る”とあるので、PC-8801で動いているのだとしたらCP/M版の画面じゃないですかね。

p.049 コスモクロス パート1
「パート1」というのは3つに分かれた各パートの開始時に表示されるタイトルの付加文字であって(実際はアルファベット表記の「PART-I」)、ソフトのタイトルには含まれないのでは?(「PART-II」、「PART-III」も表示される)

p.056 おてんばベッキーの大冒険
『プロコン』1984年6月号の広告に記載されている対応機種は、FM-7とPASOPIA7のみ(のちにMSX版も発売)。PC-8801で出ていたんでしょうか?(「PC8801ゲームライブラリ」掲載の画像は、私が提供したFM-7版です。その際に進言すればよかったですが)少なくとも1983年の発売はないと思います。

p.057 宝島
パッケージ画像が新紀元社の「宝島」になっています。
そもそもアクロポリスの「宝島」はPC-8001以降対応のようなので、対象外なのでは?(同ページの「梅地下パニック」も同様)

p.061 キングアウト、コンボイ5000
発売元がなぜかキャリーラボ。ニデコ(ニデコム)のソフトでキャリーラボが関わったのは、ニデコムキャリーソフトとして発売されたものだけだと思います。

p.085 スーパーコンボイ
確かにアクション部分も一部にありますが、メイン部分はシミュレーションです。

p.097 ミッションインポッシブル
正しくは「ミッション インポシブル」。
パッケージ画像がコンプティークの「インポッシブル・ミッション」になっています。

p.101 MYパコfamilyのドリームパック
p.123 ドリームパック
同一のソフトが2つ掲載されている? 『テクノポリス』の広告では前者しか見当たりません。
また、正しくは「MYパコ」ではなく「MY♥パコ」です。

p.133 ドラゴンスレイヤー ログイン版
「ドラゴンスレイヤー」(p.111)のジャンルはRPGなのに、こちらはACTになっています。
また、リスト掲載は『ログイン』1986年4月号なので、発売は1986年3月(8日)です。
このソフトが入っているということは、「月刊テープログイン」収録作も対象ということでしょうか? ただ、これ以外の収録作は掲載されていないようですが。「月刊テープアスキー」収録作もp.090になぜか2作だけ掲載されていますね。取捨の基準がわかりません。

p.065 火の鳥
p.142 日本縦断ウルトラクイズ
いずれも発売中止になったと思いますが、発売済みのように書いてありますね。何か根拠があるのでしょうか?
※「日本縦断ウルトラクイズ」の作者による発売中止について記事
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/01_a68b.html

 
*発売元名の誤り

Xツクモ電気
○ツクモ電機
※そもそも表記は「九十九電機」、「ツクモ」が一般的で、「ツクモ電機」の表記はパッケージや広告中には見当たりません。

Xコズミックソフト
○コスミックソフト

X秀和システム
○秀和システムトレーディング
※「ジ・アドベンチャー」(p.110)発売当時は秀和システムトレーディングでした。

Xブローダーバンドジャパン
○ブロダーバンドジャパン

Xシャノワール
○シャノアール

 
まだまだありますが、私も数え切れないほどミスを修正していて人のことはあまり言えないので、このぐらいにしておきます。
結局この本の「PC-8801ゲームソフトカタログ」の大半は、ネット上の情報を検証もせずにまとめただけのように見えます。元のサイトの誤った情報をそのまま持ってきてしまっているため、おかしなところが多々見られるのでしょう。
書籍の形で出すのでしたら、ご自分で調査されるべきだと思います。

更新のお知らせ

2022年9月18日にOh!FM-7を更新しました。
更新情報はこちらです。

今回もkomagata様より多数のスクリーンショットをご提供いただきました。
スクリーンショット未掲載の分を多く送っていただき、いくつかの雑誌・書籍でスクリーンショットを埋めることができました。

また、うるふ~様からはおもに5.25インチディスクのメディア画像を多数ご提供いただきましたが、アスキーから発売されていたジョイスティック、「QUICK SHOT」の付属カセットテープに収録されていたプログラムの詳細情報がありがたかったです。
「QUICK SHOT」にはカセットテープが付属していて、三次元迷路のゲームが収録されているということは広告に記載されているのでわかっていたのですが、ほかにゲームが2本収録されていたことが判明し、今回テープの吸い出しにも成功され、スクリーンショットも送っていただきました。
このQUICK SHOTはオークションなどでもなかなか出てこないですし、ましてや付属のカセットテープは見かけた記憶がないレアなものでしたので、詳細が判明して本当によかったです。

今回もご協力、ありがとうございました。

更新のお知らせ

2022年6月15日にOh!FM-7を更新しました。
更新情報はこちらです。

今回も、以前にパッケージ画像などを送っていただいていながら、対象外のゲーム・ホビー系だったため未掲載となっていた画像を新規掲載としました。
それに伴い、たとえば文化評論出版の発表ソフトをひととおり追加しました。このソフトハウスは教育/学習ソフトが多いですが、FM-7ではこのジャンルのソフトは結構出ており、おそらくトータルで300本ぐらいは発売されていたと思われます。これらはこれから追加してゆくことになりますが、このジャンルは資料が乏しいこともあり、データをきちんとまとめるのに苦労しそうです。

また、引き続きkomagata様より多数のスクリーンショットをご提供いただきました。
今回は『FM-7/77/AV プログラム大全集』、『FM-7/77/AV プログラム大全集Ⅱ』の掲載プログラムを中心に送っていただき、この2冊分のスクリーンショットはほぼ埋まりました。
もっとも、『Ⅱ』に掲載の「おえかきくん」と「MILS」の2作はプログラムリストの一部が掲載漏れしているという編集ミスのため、打ち込んでも動作しない→スクリーンショットを掲載できないという状態となっています(後者は、タイトル画面と一部のキャラクターを表示させた画面を掲載)。
これほど大きなミスにもかかわらず、『マイコンBASICマガジン』本誌ではリストの追加掲載などのフォローはなかったようです(フォローされていたら教えてください)。どうやってもプログラムを動かせない、画面を見られないというのは、残念というかもどかしいですね。

それと、1月のリニューアルでソフトの50音順索引を廃止したのですが、ご要望をいただいたこともあり、復活させました。
ソフトウェア/索引
以前と同じような感覚でお使いいただけると思いますが、ページ内の絞り込み検索もできるようになっているなど、多少改良を加えたつもりです。詳細検索と合わせてご利用ください。

更新のお知らせ

2022年3月23日にOh!FM-7を更新しました。
更新情報はこちらです。

前回の更新(2022年2月20日)と合わせてのまとめです。
前回、そして今回と、komagata様より大量のスクリーンショットをご提供いただきました。前回は「PiO」掲載ソフト、今回は「マイコンBASICマガジン」掲載ソフトです。
未掲載分のスクリーンショットをすべて送っていただいたことにより、この2誌については掲載済み全作品のスクリーンショットが埋まったことになります。ベーマガは未掲載の実用ソフトなどがあるので、まだ完全網羅ではありませんが(PiOにもあるかも?)、とりあえず抜けがなくなったのは喜ばしいです。
komagata様、ありがとうございました。

今回作業をしていた感じたのは、ベーマガの場合は14年の長期に渡ってプログラムが掲載されたこともあり、年を経るごとに作品のクォリティー、特にグラフィックスがどんどん見栄えのするものになっていったことですね。初期のころは本当に単純なグラフィックスが多かったですが、後期あたりはより鮮やかな、またはリアルなグラフィックスが多数見られます。もちろんFM77AV専用作品だと4096色の威力によるものもあるのですが、FM-7/8の640×200/8色でも初期と比べると見違えるような画面を見せてくれます。
同じことは市販ソフトにも当てはまりますが、リストの長さにある程度の制限がある、投稿作品というカテゴリーの中でもそれが見て取れ、各作者の創意工夫に感心させられます。本サイトでは、そのへんの変遷も楽しんでいただければと思います。

このほかには、以前にスクリーンショットやパッケージ画像を送っていただいたものの、対象外ということで掲載できなかった画像をいくつか掲載しました。ご提供者の方には申し訳なかったですが、ようやく表舞台に立たせることができました。
それらも含めて、新規追加ソフトは教育/学習、実務、デモンストレーション、音楽演奏、「標準BASIC対応」プログラムなど、新たに対象となったソフトを加えています。
教育/学習ソフトは私自身もほぼ未踏の地といえるジャンルですが、調べてみると『ログイン』の投稿作品の「ヒストリーゲーム」の作者が中山情報開発の学習ソフトの作者でもあったなど、新たな発見がありました。
このジャンルは、当時でさえ出回る数が少なかったでしょうから現存するソフトは本当にわずかだと思いますが、お持ちの方はぜひ画像を送っていただけるとありがたいです。

情報/お知らせ

1月20日のリニューアル公開後も不具合の修正などをポツポツと行なっているのですが、各ソフトの「詳細情報」と「リリース情報」のタブで使っているカルーセルスライダーが正常に表示されないことを確認していました。PCでの表示だとなんともないのですが、スマートフォンだとパッケージ画像やスクリーンショットが切り取られたような感じで、その一部しか表示されないことがありました。
スライダーのスクリプトが問題なのではと思い、このJQuery lightSliderに変えてみたのですが、同じ現象が発生してしまいました。
原因がなかなかわからなかったのですが、どうも画像をすべて読み込まない段階でスライダーがレンダリングを開始してしまうようでした。

そこで、このimagesLoadedを導入してみました。すべての画像をロードしてから処理を開始するようにできるというものです。
すると、画像が切れることなく、正常に表示されるようになりました!
おそらく問題ないと思いますが、もし表示がおかしい場合は、リロードするかキャッシュをクリアーしていただき、それでもだめな場合はお知らせください。

それと前回の記事で触れた、ソフトウェアハウスの発表ソフト一覧に開発のみのソフトも表示されるという件ですが、確かに発売ソフトのみに絞って表示させたいこともありますので、開発のみのソフトを非表示にするフィルターを付けました。「発売作品のみ表示」を選択すると、絞り込みが行なえます。
なおこのフィルターは、開発のみのソフトが存在しない場合は表示されません。

更新のお知らせ

2022年1月20日に、ようやくリニューアルを果たすことかできました。
1年ぐらいはかかるかもと考えていましたが、まさか2年かかるとは思いませんでした。
お待ちくださっていた皆様には、申し訳ありませんでした。

とりあえず作業は終わりましたが、表示や動作でまだ不具合が残っている可能性があります。
お気づきの点がありましたら、お知らせいただければできるだけ対処します。

また、新しいフォーマットにはしたものの、データや情報が埋められていない部分が多数残っています。
たとえば、各ソフトの紹介ページには「ストーリー」を加えるようにしましたが、ほんの一部のソフトで実験的に記載しているだけですし、詳細データの「キャッチフレーズ」、「プレイ人数」、「付属品」なども大半が空欄のままになっています。
パッケージ画像も、本来ならクリックすると拡大表示されるはずなのですが、こちらでも書いたように、未対応のものが多数あります。
また、「書誌情報」ページ内の掲載ページなどのデータや、「関連情報」のバグ情報などもほとんど手をつけられていません。

これらは、これから少しずつ作業を進めて補完してゆくことになります。ゲーム・ホビー系以外のソフトの追加も、同時に進めることになるでしょう。
長い目で見ていただければと思います。

リニューアル後、早速お問い合わせをいただいたのですが、メールアドレスの記載がなかったので、こちらでお答えいたします。
キャリーラボのページにミステリーハウス2が入っているとのことですが、今回のリニューアルでは発売だけでなく、開発に携わったソフトも含めるようにしてあります(フロントラインなど、ニデコ発売のソフトが入っているのもそのためです)。ミステリーハウス2はキャリーラボが開発に関わっているらしいので、表示されることとなります。

情報/お知らせ

お待たせしております。

前回の経過報告から1年経ってしまい、本当に作業を進めているのか、疑わしく思っている方もいらっしゃるでしょうが、ようやく終わりが見えてきました。
現在、PC版はほぼ完成し、スマートフォンなどのモバイル機器への対応作業を行なっているところですが、それが済めば公開となります。

順調に進めば今月中(今年中)にお披露目できると思いますが、まだなんとも言えません。
もう少しお待ちください。

情報/お知らせ

リニューアルの告知をしてから10か月ほどが経ちました。
作業は続けていますが、まだ公開できる段階にはありません。
とはいえ、大まかな部分はすでにできていて、あとは細部の仕上げというところなのですが、もう少し時間がかかりそうです。
前回の記事で『少なくとも今年中にはお披露目したい』と書きましたが、それは厳しくなってしまいました。
しばしお待ちいただければと思います。

リニューアルの内容に少し触れておくと、まず対象のソフトがゲーム・ホビー系以外にも拡がる予定です。つまり、FM-7用に発表されたすべてのソフトが掲載対象となります。まあ、実際どこまで取り込めるかはわかりませんが、これが究極的な形なのは明らかなので、どうせならそこを目指したいです。ただし、当初はこれまで同様のゲーム・ホビー系にプラスαした程度のもので公開し、徐々にそれ以外のジャンルを加えてゆく形になると思います。

また、これまでは各ソフトの画像はパッケージ+タイトル画面+動作画面2枚が基本でしたが、この制限がなくなります。パッケージは表裏両面掲載になりますし、スクリーンショットはタイトルと動作画面以外にも、デモ、遊び方、エンディングなどなど、様々なパターンを掲載します。動作画面も増える予定で、たとえば「ロードランナー」は全150面を見ることができます。さらに、各画像は拡大表示(スクリーンショットは640×400ピクセル)することも可能です。

ほかにもいろいろとありますが、あとは公開後のお楽しみということで。
公開までもうしばらくお待ちください。