Oh!FM-7更新しました – 2022/03/23

更新のお知らせ

2022年3月23日にOh!FM-7を更新しました。
更新情報はこちらです。

前回の更新(2022年2月20日)と合わせてのまとめです。
前回、そして今回と、komagata様より大量のスクリーンショットをご提供いただきました。前回は「PiO」掲載ソフト、今回は「マイコンBASICマガジン」掲載ソフトです。
未掲載分のスクリーンショットをすべて送っていただいたことにより、この2誌については掲載済み全作品のスクリーンショットが埋まったことになります。ベーマガは未掲載の実用ソフトなどがあるので、まだ完全網羅ではありませんが(PiOにもあるかも?)、とりあえず抜けがなくなったのは喜ばしいです。
komagata様、ありがとうございました。

今回作業をしていた感じたのは、ベーマガの場合は14年の長期に渡ってプログラムが掲載されたこともあり、年を経るごとに作品のクォリティー、特にグラフィックスがどんどん見栄えのするものになっていったことですね。初期のころは本当に単純なグラフィックスが多かったですが、後期あたりはより鮮やかな、またはリアルなグラフィックスが多数見られます。もちろんFM77AV専用作品だと4096色の威力によるものもあるのですが、FM-7/8の640×200/8色でも初期と比べると見違えるような画面を見せてくれます。
同じことは市販ソフトにも当てはまりますが、リストの長さにある程度の制限がある、投稿作品というカテゴリーの中でもそれが見て取れ、各作者の創意工夫に感心させられます。本サイトでは、そのへんの変遷も楽しんでいただければと思います。

このほかには、以前にスクリーンショットやパッケージ画像を送っていただいたものの、対象外ということで掲載できなかった画像をいくつか掲載しました。ご提供者の方には申し訳なかったですが、ようやく表舞台に立たせることができました。
それらも含めて、新規追加ソフトは教育/学習、実務、デモンストレーション、音楽演奏、「標準BASIC対応」プログラムなど、新たに対象となったソフトを加えています。
教育/学習ソフトは私自身もほぼ未踏の地といえるジャンルですが、調べてみると『ログイン』の投稿作品の「ヒストリーゲーム」の作者が中山情報開発の学習ソフトの作者でもあったなど、新たな発見がありました。
このジャンルは、当時でさえ出回る数が少なかったでしょうから現存するソフトは本当にわずかだと思いますが、お持ちの方はぜひ画像を送っていただけるとありがたいです。

更新のお知らせ

Posted by Laver