コラム,雑誌・書籍

今年(2022年)5月に発売された「PC-8801パーフェクトカタログ」(ジーウォーク刊)ですが、当サイト掲載の画像が無断で使われているようです。
PC-8801とFM-7はともに多くのソフトで640×200ドット8色のスクリーンモードが使われているので、パッと見ただけでは見分けのつかない(=たまたま同じ画面を使っている)ものもあるでしょうが、偶然の一致とは思えない画像が多数見受けられます。本をお持ちの方は、見比べてみてください。
たとえば、p.066の「神経衰弱」、p.067の「7ならべ」、p.076の「四人ポーカー」。カードの数字の位置が当サイトのものとまったく同じです(拡大しないと見にくいですが)。

神経衰弱
https://fm-7.com/museum/products/aor0izzc/

7ならべ
https://fm-7.com/museum/products/y7g1wp88/

4人ポーカー
https://fm-7.com/museum/products/unin730y/

ほかにも、p.072の「麻雀狂」、p.073の「国士無双」といった麻雀ゲームも、表示されている牌がまったく同じです。

麻雀狂
https://fm-7.com/museum/products/r5yc7as2/

国士無双
https://fm-7.com/museum/products/m5om7wt0/

これらが偶然同じになることは、ありえないと思います。

さらに、p.072の「大石油王」やp.101の「MYパコfamilyのドリームパック」(この画像はPC-8801のゲームですらない)では、プレイヤー名として使っている私の名前(Laver)が入っているのが確認できます(かなり拡大しないと見えないですが)。

大石油王
https://fm-7.com/museum/products/g93aqi9r/

MY♥パコfamilyのドリームパック
https://fm-7.com/museum/products/xjaqxl8q/

以上の点から、当サイト掲載の画像が使われているのは明らかだといえます。
ほかにも転用だと断定できるものはいくつかあり、断定はできないが怪しいものも含めれば、かなりの数に上ると思われます。

本の発売前も発売後も、監修者、編集スタッフ、出版元からの連絡は一切ありませんでした。
無断転用を禁じていることは、以前から記載しています。
https://fm-7.com/about/

こういうことをされるのは、とても残念ですね。
「あなたもソフトの作者や発売元に無断で画像を掲載しているのでしょう?」と言われれば強くは言い返せませんが、商用の書籍(正確にはムックですが )でこのような手段を採るのはどうなのでしょう。
確かに私も大半の画像は無断掲載ですが、商用目的ではありませんし、掲載画像は提供していただいたものか、私が自前で用意したものです(一部のスキャン画像は、その旨を記載しています)。他サイトから無断で転載したものはありません。

画像を提供していただいた方も不快な思いをされるかもしれませんし、「PC-8801パーフェクトカタログ」なのに掲載画像の多くが実はFM-7版であったら、読者も裏切られた気分になると思います(FM-7版の画像を使用していることは、誌面のどこにも記載されていないですね)。

今回の件に関して私のほうからああしろ、こうしろというのはありませんが、今後同様な書籍を出されるのであれば、このようなことはしないでいただきたいです(既刊の「パーフェクトカタログ」の他機種版はどうなのでしょう?)。

 

残念といえば、この本は首を傾げたくなる箇所も多数目につきますね。
せっかくなのでいくつか挙げさせていただくと……

p.049 ゾーク Ⅰ/Ⅱ/Ⅲ
これは発売されていないでしょう。ゾーク3部作をパッケージにした「Zork Trilogy」が向こうで発売されたのが1986年(もしくは1987年?)なのに、1982年に3部作のパックが、それもPC-8801版がInfocomから発売されていたのはありえないと思います。
掲載の画面が何に由来するのかはわかりませんが(某サイトかな?)、『ログイン』1984年5月号に“PC-8001の56K CP/M上で走る”とあるので、PC-8801で動いているのだとしたらCP/M版の画面じゃないですかね。

p.049 コスモクロス パート1
「パート1」というのは3つに分かれた各パートの開始時に表示されるタイトルの付加文字であって(実際はアルファベット表記の「PART-I」)、ソフトのタイトルには含まれないのでは?(「PART-II」、「PART-III」も表示される)

p.056 おてんばベッキーの大冒険
『プロコン』1984年6月号の広告に記載されている対応機種は、FM-7とPASOPIA7のみ(のちにMSX版も発売)。PC-8801で出ていたんでしょうか?(「PC8801ゲームライブラリ」掲載の画像は、私が提供したFM-7版です。その際に進言すればよかったですが)少なくとも1983年の発売はないと思います。

p.057 宝島
パッケージ画像が新紀元社の「宝島」になっています。
そもそもアクロポリスの「宝島」はPC-8001以降対応のようなので、対象外なのでは?(同ページの「梅地下パニック」も同様)

p.061 キングアウト、コンボイ5000
発売元がなぜかキャリーラボ。ニデコ(ニデコム)のソフトでキャリーラボが関わったのは、ニデコムキャリーソフトとして発売されたものだけだと思います。

p.085 スーパーコンボイ
確かにアクション部分も一部にありますが、メイン部分はシミュレーションです。

p.097 ミッションインポッシブル
正しくは「ミッション インポシブル」。
パッケージ画像がコンプティークの「インポッシブル・ミッション」になっています。

p.101 MYパコfamilyのドリームパック
p.123 ドリームパック
同一のソフトが2つ掲載されている? 『テクノポリス』の広告では前者しか見当たりません。
また、正しくは「MYパコ」ではなく「MY♥パコ」です。

p.133 ドラゴンスレイヤー ログイン版
「ドラゴンスレイヤー」(p.111)のジャンルはRPGなのに、こちらはACTになっています。
また、リスト掲載は『ログイン』1986年4月号なので、発売は1986年3月(8日)です。
このソフトが入っているということは、「月刊テープログイン」収録作も対象ということでしょうか? ただ、これ以外の収録作は掲載されていないようですが。「月刊テープアスキー」収録作もp.090になぜか2作だけ掲載されていますね。取捨の基準がわかりません。

p.065 火の鳥
p.142 日本縦断ウルトラクイズ
いずれも発売中止になったと思いますが、発売済みのように書いてありますね。何か根拠があるのでしょうか?
※「日本縦断ウルトラクイズ」の作者による発売中止について記事
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/01_a68b.html

 
*発売元名の誤り

Xツクモ電気
○ツクモ電機
※そもそも表記は「九十九電機」、「ツクモ」が一般的で、「ツクモ電機」の表記はパッケージや広告中には見当たりません。

Xコズミックソフト
○コスミックソフト

X秀和システム
○秀和システムトレーディング
※「ジ・アドベンチャー」(p.110)発売当時は秀和システムトレーディングでした。

Xブローダーバンドジャパン
○ブロダーバンドジャパン

Xシャノワール
○シャノアール

 
まだまだありますが、私も数え切れないほどミスを修正していて人のことはあまり言えないので、このぐらいにしておきます。
結局この本の「PC-8801ゲームソフトカタログ」の大半は、ネット上の情報を検証もせずにまとめただけのように見えます。元のサイトの誤った情報をそのまま持ってきてしまっているため、おかしなところが多々見られるのでしょう。
書籍の形で出すのでしたら、ご自分で調査されるべきだと思います。

コラム

「その2」からかなり間隔が空いてしまいましたが、移転についての話題の3回目(最終回)です。

今回はFaviconについてです。Faviconは移転前から設置しており、アイコンそのものも変えていませんが、新たにAndroidとiOS用のFaviconを設置しました。
PCのブラウザーで通常使われるのは16×16のサイズですが、AndroidやiOSはそれより大きいサイズのものが使えますので、改めて作成しました。

Favicon

といっても見た目はこれまでのものと変わらず、単に大きくしただけです。サイズは152×152で、これを置いておけばAndroid、iOSともにきちんと表示してくれるようです。
一応Androidで表示されるのは確認できました(ホーム画面に置くと、周囲がカットされてしまいますが……)。iOSでは確認していませんが、不具合があったらお知らせください。

Favicon-Android-01

Favicon-Android-02

ほかに、IE10で使われるピン留めされたサイト向けのタイル・アイコン用に144×144のものも置いています。

それから細かいことですが、これまではHTMLのhead要素内でlink要素を使ってFaviconを指定していましたが、実はこれは必要ではないそうです。単にfavicon.icoをドメインのルートに配置するだけで、何も指定しないのが望ましいということです。

[参考]ファビコン・カンニング・ペーパー
http://hail2u.net/documents/favicon-cheat-sheet-ja.html

これが、すべてのブラウザーで正しく表示させるベストの方法のようです(ただし152×152と144×144のものは指定しています)。実際、この方法できちんと表示されていると思います(されていなかったら教えてください)。まあこれも、独自ドメインを取得してルートに配置できるようになったから可能になった手段ですね。

コラム

移転についての話題の2回目は、ドメインについてです。

これまではRetroPC.NETのサーヴァーをお借りしていたわけですが、移転となった場合は、独自ドメインを取得したいと考えていました。
やはり独自ドメインのほうが個性や存在感を出せ、覚えやすくもありますので。
まあ、「このドメインは自分のもの」という所有欲を満たしてくれるのが大きいですけどね。

では、どういうドメイン名にするかですが、やはりfm-7.○○○とするのが最もシンプルでわかりやすいでしょう。
サイト名を入れたohfm-7.○○○も考えられますが、ドメインには「!」は使えないので「oh」と「fm-7」がつながってしまい、ちょっとスマートではない気がして見送りました。

そしてトップレヴェルドメイン、つまりfm-7.○○○の○○○の部分ですが、.comを選びました。
サイトの内容からすると、.com、.net、.infoあたりが候補になりますが、最も広く使われていて、知名度があり、汎用的で覚えやすいというのが理由です。
.infoなんかは.comに比べると格安で取得できるんですが、安いのは初年度だけのようですし、スパムに使われることが多くて印象がよくないという話もあるようですので、候補から外しました。

ということでfm-7.comを取得しようとしたのですが、ご存知のようにドメインは早い者勝ちです。しかもfm-7は、短くて何かに使われやすいドメインともいえます。果たしてチェックしてみたら、案の定すでに取得されていました。実際にこのURLでサイトが公開されてはいないようでしたが、どこかの誰かが何かのために取得していたのでしょう。

仕方ないので、それならfm-7.netはどうかということでチェックすると、これは空いていました。これでも悪くはありません。
ただ、そのときはまだ移転を具体的に考えていなかったので、実際取得するのは移転するときでいいかと放置していたのですが、その後いざ取得しようとすると、なんとfm-7.netが取得されてしまっていました。いや、先取制なのはわかっていましたが、すっかり油断していました。

fm-7.comfm-7.netもダメということで、こうなったらohfm-7.comにするか、あるいはfm-77.commicro7.comにするかなどと考えていましたが、しばらくたったころまたチェックしてみると、fm-7.comが空いていたのです! おそらくドメインの有効期限が切れて再取得されなかったのでしょうが、最初に欲しいと思っていたものなので、これが取れるのならベストです。今度はすぐに取得しました。

以上のような経緯で、無事fm-7.comを取得できました。望みどおりのドメインが取れて、本当によかったです。今度は契約更新のし忘れで失効しないようにしないといけませんね。

コラム

今回の移転について、いくつかのトピックをまとめます。
まずはリンクに関してです。

移転に際しては、旧サイトのほうに「移転しました」といったお知らせを表示せず、そのまま新サイトのほうに転送しています。もちろん新サイトのトップページや更新履歴には移転したことを記述しているのですが、それ以外のページ以外に直接アクセスした方は、移転に気づかなかったかもしれません。

なぜこのようにしたかというと、Googleではmetaタグを使って転送したり、旧URLを全部トップページに転送することは非推奨らしいのです。そのためhtaccessで301リダイレクトを指定して、そのまま新サイトに転送するようにしてあります。サイトのファイル構成は変えていないので、URLの一部を変更するように指定するだけで簡単に転送できています。
ただこの場合、上記のように移転したことが伝わらないことも考えられるわけですが、なにか特別な手段はあるのでしょうか?

というわけで、当サイトへのリンクはそのままでも不通になることはないのですが、やはり修正していただければと思います。
トップ以外のページにリンクしていただいている場合は、
http://retropc.net/fm-7/
の部分を
http://fm-7.com/
に変更することによって対応していただけます。